Month: 11月 2016

あの日光方面に響き渡っていた女房学生らの動画が聞こえて来るようです。

学園というところで、子ども・生徒などとして過ごしていと、中には神業だったり、どっか常識はずれのことを持っていたり、心に残る周辺と会うものです。きょう、何の折か、とあるゲストと彼の行いを思い出しました。そのYは隣席の種類の生徒でした。数回コメントを交わしたくらいで、抜群近しい関係ではありませんでした。ある日彼と親しかった私の種類のSが言う。Yは今度の運動会の仮装行列の仕度をもうしているらしいと。何を計画しているのかと仮想は膨らみましたが、よっぽど危惧はつきませんでした。次に伝わってきた概要は、Yが放課後、水を入れた「たる」にトイレットペーパーを入れて、熱心に何か研究をしていらっしゃるという雑貨でした。運動会即日、仮装行列がスタートしました。様々な姿勢をした生徒たちが種類ごとに車両を進みます。その時でした。女子生徒の雄叫びが聞こえ始めたのです。見学していた生徒のダッグアウトからでした。その感想が上がっている場所に、Yがいました。Yは両肩で棒を支えその両端に一つずつ大きな「たる」をぶら下げ、大きなひしゃくで女子生徒めがけて黄色い液体をまき散らしていました。彼が研究していたのは、いかにして本物らしいものをまき散らすことができるかだったのです。彼は白いステテコファッションに腹巻をし、白い汗取りシャツを着ていました。眼鏡の外層に大きなまぶたを描いたペーパーをじっくりレンズのがたいで張り付けていました。雄叫びの中で、液体をまき散らす彼の口元はちっとも笑っていませんでした。ポスターカラーのアロマの中で彼の真剣なノリが伝わって来ました。仮装行列の近隣から判る雄叫びと、飛び散る液体、ひしゃくを移すステテコファッションのY、こういうエキサイティングな形勢はこういう仮装行列のメインと当てはまる雑貨だったと思います。肥後すっぽんもろみ 売ってるところ

在宅ワークをするようになってからイキイキしています。

最近とても忙しいです。つい最近まで、暇だと愚痴っていた自分が懐かしいです。忙しくなったのは、在宅ワークを始めたからです。軽い気持ちで始めたのだけれど、意外に自分に合っていたみたいで、楽しみながら仕事が出来ています。最近ではだいぶん慣れてきたのもあって、仕事の量を増やす事にしたのです。これが失敗でした。忙しくなりすぎたのです。休むまもなくずっと働いています。もちろん仕事だけに集中する訳にはいきません。だって私は主婦だからです。主婦ということをすっかり忘れて、仕事を詰め込みすぎました。欲張りすぎたなと反省しています。でも頑張ったら頑張っただけ、お金に結びつくのです。それが嬉しくて嬉しくて頑張ってしまうのかも知れません。毎日、今日はどれだけ稼いだかと数えるのが一番の楽しみです。頑張ったらその分お金が入るので、頑張った分だけ欲しい物を買っています。自分の稼いだお金で好きな物を買う。これが一番の快感です。これからも頑張りたいです。腕脱毛

梅雨のピークは割り切ってカサカサ機会をガンガン融通

梅雨の時機、洗濯雑貨が相当干せません。
それで我が家の洗濯乾き機は乾き反応フル活用中だ。
がんらい、梅雨時期も洗濯して直ちに乾きできるようにという購入した洗濯乾き機。
も、東日本災害という福島原発惨事以上、コストダウンを強く意識するようになり、乾き機もなるべく使わないようにしていました。
けど、梅雨時期だけはそうもいきません。
この時期だけは割り切って、乾き機を毎日のように回し洗濯に勤しんでいる。
たまたまギリギリでいまだにエアコンを使わずにすんでいるので、電気代は必ずしも激しくならずに済みます。
乾き機を使わずにすむようになるとの乗り換えでエアコンを使うようになるという感じですね。
電気代は6ひと月から9ひと月ぐらいまで、平時によって丸ごと昇る見方。
でも、いまどきの省エネルギー家電なので、以前のように電気代が月に10000円超えて仕舞うようなことは概してなくなりました。
他の箇所で長々コストダウンやることもあり、だいたい洗濯乾き機ぐらい仕方ないかなあと思えるようになりました。もろみ黒酢

洗い浚い、はやりだ

賃貸住宅の、お近くのお住まいのお嬢様たちが、登校されました。今時物珍しい、4お客様兄妹だ。ご親も大切に育てられているのでしょう。後ろから、お父様でしょうか。自転車で、安全な道筋までパスに出られている。
怪しげヒューマンの多いところですから、何か危険に巻き込まれたらという意識の結果でしょう。ごもっとも、その育児に賛同できます。
それほど、お嬢さんは、大切に育ててあげたいだ。過保護なくらいでちょうどいいです。
そうすると、自分の子にも、ほかのお子さんにも、子は続ける方法というメンタリティが育つと思います。大事にされていなければ、よその子も同じように、大事なものではないと思うでしょう。奥様指導が大切なのはこのことからもわかります。
なぜ、大事に育てられてきたはずの、高学歴のお母さんたちが、自分の子を保育所に取り込めるのか、そのメンタリティがわかりません。生活にも耐えることはなさそうだ。
洗い浚い、トレンドです。きなり 効果

今日のビールのお共は何に決めるか?ズボラレシピのご登記だ。

今日は、激務で常々タップリ汗をかいて掛かる夫のビールのおつまみに、
「塩味きんぴら風の音」を作ります。
面倒が大嫌いな僕流の製法をご登録。
種:牛蒡、塩気、だし汁の素、ごま油、すりごま。※容積はお好みで
(道具材はお好みで増やしてもいいかもだ)
それでは、牛蒡の皮むきなんですが、包丁なんて使いませんよ!
【コンビニエンス要点その1】
アルミホイルで牛蒡を取り囲むように、ゴシゴシ決める。
アルミホイルが勝手にグチャグチャになるので、その開きで皮が剥けます。
土臭さが苦手な個々はたっぷりゴシゴシ!
薫りを記したい個々は、ササットでOKです。
次はささがき。
ええ、また包丁はつぎ込みません。
【コンビニエンス要点その2】
ピーラーを使います。牛蒡をグルグル回しながらシュッシュッっとやっていきます。
ささがきになった牛蒡を水に10当たりほどさらしてから、水を切ります。
フライパンに牛蒡を入れ、ひたひたになるくらいのお水と塩気小匙1ぐらい(勝手)を入れて10当たり辺り煮ます。(僕は灰汁が苦手なのでずいぶんとことん煮ますがこれも適当で可能)
ひとまず、ザルに上げて水気を切ります。
再度おんなじフライパンに牛蒡を注入し、ごま油(適量)だし汁の素小匙1ほど(勝手)を入れ炒めます。味見を通して足りないようなら塩気で調整し、火を止めてからすり胡麻をまぶして出来上がり。
【ちょこっと雑学】
普通のごま(つぶつぶのままの品)はカラダでマスターできず、引き続き体外に排出されるそうなのですり胡麻においてます。
以上

冷たくなってもうまいので、夏にはピッタリですよ。
正邪、お試験を!ミュゼ 100円