サイトの開発について実習しました。人脈の素地の開発とともにコンピュータの演出も日々向上し、多量のインフォメーションを扱えるようになりました。人脈の素地の開発は、報道インフラ(インフラストラクチャ)の開発ともいいます。再度高度なインフォメーション委縮力が実現されたので、様々なインフォメーションがコンピュータで利用できるみたいディジタル化されるようになりました。たとえば、単語や分量といったインフォメーションの他に、動画やサウンドなども簡単にコンピュータで利用できるようになりました。また、動画などは静止図から声に、限られたカラーから多色に、平面動画から3度合い動画に陥るなどインフォメーションの表現力が沢山になりました。インフォメーション委縮力は、データベースをコンパクトにして扱う力のことです。コンピュータで向き合うインフォメーションは、分量や単語列など目印化(記号化)されたインフォメーションが主軸でした。サイトについて、知らないこともあったので再びサイトについて勉強したいなと思います。妊活マカ